ホーム | 過去ログ | ライター紹介 | メール |

次世代の文化を作り出す!


 旅ばかりじゃつまらないので

今日は、企画を入れてみました。

そう

「コーヒー牛乳でカップ麺を作る!」

です。

でこの企画は3回に分けてお送りする予定です。

 


普段、みなさんはカップ麺を

水で

食しているんでしょうけども

今回はそんな常識の壁をぶち破ろうぜということで

商店で目に止まったコーヒー牛乳を使うことにしました。

そして

なんと!このコーヒー牛乳は

都会では超有名とされている

ドトール

が作ってるらしいです。

まぁ、私にはよくわかりませんが…

 

そして

手に入れた材料を

テーブルの上に出してみます。

どどーん

い、威圧感があります。

なんか作る前から嫌な予感がしてきました。

でも

人間の好奇心には勝てずに作ってしまうんですよね。

 

そう。

辛さが売りのキムチラーメンに

甘さとまろやかさが売りの

コーヒー牛乳を入れて中和を試みようとしているのです。

都会のもの = すごくおいしい

と生来思っているので

このままコーヒー牛乳をラッパ飲みしたいですが

そんなはやる気持ちを抑え作業に取り掛かっていきます。

 

水であろうとなんであろうと

液体を沸騰させないといけません。

最初悩みました。

からくりかまど(電子レンジ)で気合で沸騰させるか

鍋に入れ火力に頑張らせるか。

前者のほうが楽そうに見えました。

なので

沸騰するととてつもなく危険な

後者を選ぶことにしました。

(ただ、からくりを使いたくないだけ)

では

鍋に入れていきます。

※画像が粗いです

うぼうぉぉぉぉぉぉぉぉ!?

 

鍋底が泥色に染まっていきます。

こんな光景見たことがありません。

凄いです…恐ろしいです…

 

 

500ml買ったのですが

足りるのかなぁとか思っちゃったりしてます。

カップ麺の量はどのように決められているのかなぁと改めて思いました。

 

そういえば

ラシストのために

新しくスーツを買ってしまいました。

○民共済で買いました。

私服でいると

「おっさんじゃねえだろ」とか

間違われてしまうので

今度から外とかに出て活動するときは

スーツで行います。

あなたの街に変なスーツのおっさんがいたら

それはたぶん私です。

希少価値のまったくないサインでしたら

声をかけてくれれば書きますよ。

ま、誰もかけてくれないですが……

 

 

 


第一回終了です。

coming soon...

 

 
TOPへ戻る

当サイトはリンクフリーです。

copyright(c) 2008 RCSgroup All Rights Reserved.

inserted by FC2 system